セブ島留学に関する情報が満載!

おすすめの留学先、勉強方法

おすすめの留学先、勉強方法 留学先といえばどのような国を思い浮かべるでしょうか。
アメリカ、ヨーロッパ、アジア圏など様々な国々が目に浮かんでくることでしょう。
急速なグローバル化がすすみ、就職や企業で語学力が求められている昨今、やはり、英語を母国語とする国を留学先として選択する人が多いように見受けられます。
ヨーロッパでおすすめの留学先は「イギリスのロンドン」です。
首都ロンドンには、ロンドン塔、ビッグベン等イギリスの深い歴史を物語ってる荘厳な歴史的建築物があり、また、グリニッジ公園では美しい自然に触れ合えることができます。
また、中心部であるピカデリーサーカスに足を運べば、本場のミュージカルを楽しむことができます。
このように、首都に滞在するだけで、「歴史」「自然」「文化」の観点から異国の地での滞在を楽しむことができるのが「ロンドン」の最大の魅力ではないでしょうか。
留学先での勉強方法についてですが、ロンドンのホストファミリーのもとから、様々な国籍の生徒が在籍している歴史のある語学学校を選び通うことをおすすめします。
そして、滞在先でも、学校でも一生懸命英語を話し、異国の人とコミュニケーションをとるように努めましょう。
自ら言葉を発信していく姿勢が大事です。
語学学校で学んだことを復習し、沢山の人と英語で話す姿勢を大切にすれば、自然と、英語力はアップしていくはずです。

留学の一時帰国について

長期留学をした際にもしかしたら一時帰国をする機会があるかもしれません。
特に大学に進学すると滞在期間が長く、休みも長期的になるので日本に帰りたいという方もいるでしょう。
結論から言うと留学中に一時帰国をすることはできますし多くの方が実際にしています。
長期休暇になると寮に住んでいる学生はほとんど実家に帰りますし、食堂も閉まっているので生活をするには少し不便かもしれません。
またホームステイをしている場合はホストファミリーが旅行で家を空けていることもあります。
しかし必ず一時帰国をしないといけないわけではありません。
一年以内の留学の場合は限られた期間なので、できるだけ残っていたい方にはおすすめしません。
一時帰国するとなるとお金も時間もかかるのでもしもどうしてもという場合だけにしておくと良いでしょう。
また帰国しない分お金も時間も余るので余ったお金や時間で他の国に旅行に行く方も多いです。
留学中にしかできないことに挑戦してみることをおすすめします。

check

塾を小山で検討

2018/8/7 更新